后退 返回首页
作者:かいとーこ
类型:乙女向 TL 书籍样本 日文
出版:2017-02-27(Julian Publishing)
价格:¥972 原版
文库:皇家之吻文库(Royal Kiss)

代购:lumagic.taobao.com
妖精王のもとでおとぎ話のヒロインにされそうです この作品はフィクションです。 実際の人物・団体・事件などに一切関係ありません。 一章 大変です。絶世の美女(なぜか私)をめぐって戦が起きています(涙目)  綿菓子を千切ったような雲が流れる空は高く青く澄んで、身体から魂が抜け出して空に浮き上がっていきそうなほどだった。そして魂を吸い込まれそうなほど澄んだ湖は、そよ風に吹かれて静かな波音を立てており、浜辺には水棲の美しい妖精達が寝そべっている。  木々の枝に止まる可憐な青い小鳥達は楽しげに歌い、森の妖精達は弦をつま弾き、それに合わせて手に握れるほどの大きさの小妖精達が輪を作って踊っている。  真面目に黄金の糸を紡ぐ者、機を織る者もいる。  トンカンと、遠くから金鎚で金属を打つ音が響いてくる。  美しいこの島はまさに楽園だ。もしこの光景を人間達が目にすれば、妖精達の愛らしさに目を輝かせ、神秘性に震えるほど感動するだろう。  そんな光景が眼下に見える部屋で、イーズは邪魔な黒髪を払いのけ、白く細い指でペンを持つ。 『天国のお母様。今日も妖精達に囚われるという私の悪い夢は続いています。花嫁の私が捕まったことで、色情狂のクソ皇帝が