后退 返回首页
作者:日向唯稀
类型:乙女向 BL 书籍样本 日文
出版:2017-02-17()
价格:¥685 原版
文库:Cocktail_Kiss文库

代购:lumagic.taobao.com
獄中 ―寵辱の褥― この物語はフィクションであり、実在の人物・団体・事件等とは、いっさい関係ありません。 「っはぁっ」  俺は、タオルが外されると、大きく息を漏らした。 「──んっぐっ!?」  が、その瞬間。俺は開いた口の中に、突然二階堂の指を入れられ、くぐもった声を漏らした。 (何?) 彼の人差し指と中指が口内を犯すように蠢き、俺は驚愕から身体を強張らせる。 「少しでも酷な目に遭いたくなければ、俺には逆らうな。すべて、言うとおりにしろ。そうすれば、悪いようにはしない」  思いもよらない台詞の中に殺気さえ含め、二階堂は俺に冷たく言い放つ。 (嘘だろう?)  俺の口から指を引き抜くと、下肢にかかっていた布団を払って、股間に俺の顔を押し付ける。 「さあ、わかったら、俺のチンポを出して、しゃぶれ。しっかりしゃぶって勃起せてもらわねぇと、先に進めねぇからよ」 「やっ」  俺は、あまりのショックからか混乱し始めた。 「逆らうなって言っただろう」 (っ!!)  二階堂は利き手で俺の首を掴む傍ら、空いた左手で自らのペニスを引き出し、その先端を俺の唇に押し付けた。 「ほら、手間かけさせん