后退 返回首页
作者:凪良ゆう
类型:乙女向 BL 书籍样本 日文
出版:2017-01-10(Printemps出版)
价格:¥670 原版
文库:白金文库

代购:lumagic.taobao.com
闇を呼ぶ声 -周と西門- 【プラチナ文庫】 闇を呼ぶ声 -周と西門-【イラストあり】 凪良ゆう イラスト/梨とりこ 目次 闇を呼ぶ声 -周と西門- あとがき 闇を呼ぶ声 -周と西門-     周と薫 Ⅰ  周のランドセルには、毎日小さな靴跡がついている。  放課後、ランドセルを背負って小学校の門を出たところで、後ろからクラスメイトに蹴られるのだ。小さくてかわいらしい、けれど悪意に満ちた運動靴の白い痕。最初は蹴られた勢いで転んだりもしたが、今では慣れてよろめくくらいですんでいる。 「暗いんだよ。おまえ、オバケ屋敷から出てくんな」 「学校にユーレイつれてきてんじゃねえ」  笑って走り去っていくクラスメイトを、周は冷めた目で見送った。小学四年生にもなって幼稚なやつらだ。いつか自分でまいた石につまずいて転ぶだろう。というか転べ。 「あーまね」  背後から快活な声が響いた。振り返らなくてもわかる。 「ランドセル、また足跡ついてる」  周が振り返る前に、薫は隣に並んで歩きだした。うつむきがち、長めの前髪でせばめられた周の視界に、長く伸ばした薫のつややかな黒髪が映る。双子の妹なのでパーツは同