后退 返回首页
作者:橘志摩,八千代ハル
类型:乙女向 TL 书籍样本 日文
出版:2017-02-02(Printemps出版)
价格:¥648 原版
文库:头饰文库(tiara)

代购:lumagic.taobao.com
おじさま教授の甘く執拗な蜜愛 【オパール文庫】 おじさま教授の甘く執拗な蜜愛【イラスト付】 橘志摩 イラスト/八千代ハル 目次 1.懐かしい空気 2.奇妙な取引 3.ぎこちない恋人同士 4.昔語りと恋の自覚 5.過去のこと。今のこと。 6.最初の旅行と最後の旅行 7.夢と謝罪と続きの物語 あとがき 1.懐かしい空気  そのバルコニーから空を見上げた時、見えるのは星の浮かぶ夜空だ。  綺麗な星空だと謳われる場所に比べれば全然見えない方なのだろうが、それでも今の結花には確かに合っている。  缶ビールのプルタブを開けて口をつけると、口内にビールの苦さがパッと広がっていく。  その苦みも、今の結花の気持ちに寄り添っているようで、ちょうどいいと思った。 「……懐かしい顔がいるね」  不意に聞こえたその酷く懐かしい声に、結花の心が小さく音を立てる。ビールを握る手に、少しだけ力が籠った。 「……高科准教授……、まだいらっしゃったんですか」 「まだ、とはおかしなことを言うね。ここは大学だよ。むしろ、もうとっくの昔に卒業した君がここにいることの方が不思議なんだけどね。星崎君」 「……名前を