后退 返回首页
作者:小桜けい
类型:乙女向 TL 书籍样本 日文
出版:2016-11-29(Julian Publishing)
价格:¥0 原版
文库:皇家之吻文库(Royal Kiss)

代购:lumagic.taobao.com
召しませ守護竜さま! この作品はフィクションです。 実際の人物・団体・事件などに一切関係ありません。  滝のごとき雨が石畳を打って白い飛沫をあげるのを、ヴァルツは三階の窓辺でじっと眺めていた。  品物を届けて、すぐに帰るとアデリナは言っていたのに、やけに遅い。 (何かあったのか……いや、この豪雨ではどこかで雨宿りしているのかもしれんな)  そわそわと落ち着かない気分で、暗くなった通りに目を凝らし続ける。  後見人夫妻のロクデナシ息子は王都に在住しているそうだから、できればアデリナを一人で出歩かせたくなかった。  だがアデリナは、今まで毎日一人で歩いていても大丈夫だったと言い、やや言い辛そうに、顧客の家は王城に近いのだと付け加えたから、ヴァルツに気を遣っている彼女へそれ以上は食い下がれなかった。  それでも、せめてもう少し詳しい場所を聞いておけば良かった。今さらながら後悔していると、不意に雨の中を、誰かがよたよたと歩いてくるのが見えた。  よく見ればそれは、妙に屈み込んだ変な姿勢で小走りしているアデリナだ。 (怪我でもしたのか!?)  急いで階下まで下りた。門を開ける手間も惜しく、片手で