后退 返回首页
作者:ささきさき,千花キハ
类型:乙女向 TL 书籍样本 日文
出版:2016-12-29(一迅社)
价格:¥972 原版
文库:梅丽莎文库

代购:lumagic.taobao.com
初夜から始める愛ある生活 一章 初夜  その日、一組の男女が夫婦になった。  夫の名前はテオバルト・スローグ。  騎士の家系スローグ家の嫡男であり、精鋭部隊である第一騎士隊の隊長。文武両道を絵に描いたような男である。  黒髪黒目。優れた体格と強面気味の顔つきは威圧感を与え、性格面も些か堅物すぎるところがある。だがその実直な性格は老若男女問わず慕われ、浮いた話一つなかった彼が突如発表したこの婚約話に涙を流した令嬢は数知れない。  そんなテオバルトの妻になったのは、ロゼット家の三女フランチェスカ。  母親譲りの金の髪に澄んだ空のような青い瞳。柔らかく笑む様は美しく、それでいてどことなく幼さを感じさせる愛らしさもある。ふわりと髪を揺らして微笑めば太陽のように周囲を明るくさせ、男ならば誰もが見惚れ、女ならば憧れを抱くような女性。  愛猫を膝の上で愛でる姿はまるで絵画のようで、その麗しさと言えば、婚約が発表されるまで毎日のように彼女宛の花束がロゼット家に届いていたほどである。  不器用だが実直な騎士と、柔らかで麗しい令嬢。  二人が並ぶ様子はお似合いの一言に尽き、神父を前に誓い合う姿はまるで恋愛物語のワ