后退 返回首页
作者:芝原歌織,明咲トウル
类型:乙女向 书籍样本 日文
出版:2017-02-17(讲谈社)
价格:¥1404 原版
文库:讲谈社X文库White Heart
丛书:逆転後宮物語(4.5)
代购:lumagic.taobao.com
逆転後宮物語 全4冊合本版 ご利用になるブラウザまたはビューワにより、表示が異なることがあります。 逆転後宮物語 【全4冊合本版 カバーイラスト特別版付き】 芝原歌織 逆転後宮物語 全4冊合本版 カバーイラスト特別版付き  目 次 逆転後宮物語 契約女王はじめます 逆転後宮物語 初恋の花咲かせます 逆転後宮物語 愛の告白とどけます 逆転後宮物語 永遠の愛を誓います 逆転後宮物語 契約女王はじめます 目 次 序 《一》 放蕩公子の求婚 《二》 慇懃官吏の交渉 《三》 契約女王の作戦 《四》 弱腰公子の婚姻 《五》 好色女神の決断 終  あとがき イラストレーション/明咲トウル 序  水神の加護の下、四百年の繁栄を築いてきた島国・皇河国。  不思議な力を秘めし柘榴石の指環を継承した女王が、代々国を治めてきた。  女王を戴く国はあれども、後宮まで形成する国は皇河をおいて他にあるまい。  新しく即位したばかりの若い女王が、今日も不機嫌な表情で後宮の回廊をゆく。  胸の前で両腕を重ね、拱手の礼で迎えるのは、類い稀なる美貌を備えた侍官たち。  女性の姿はどこにもない。それはそう、ここは女子禁制の後宮なのだから。  女王だけが享受することを許された美と快楽の園。  漢白玉の床には、精緻な鳳凰文の刺繡で彩られた真紅の絨毯が敷かれ、十歩歩くごとに、宝石紅釉の壺や青花五彩の絵皿といった高価な骨董品が置かれている。 「……無駄」  ふいに女王の愛らしい朱唇から、可憐な面差しに似つかわしくない呟きがこぼれた。  彼女の本性を知らない侍官が、目を瞬いた次の瞬間──。 「無駄無駄無駄無駄、全部無駄! 若い美形侍官も高価な壺や皿も、この宮殿には必要ないわよ! っていうか、後宮自体全くの無駄! 近いうちに絶対廃止してやる~!」  苛立ちを爆発させた女王・江鳳琳の声が宮殿中に響き渡った。 「へ、陛下、落ちついてくださいっ」  女王付の侍官・嘉向潤が突然興奮し始めた鳳琳を慌ててなだめようとする。 「落ちついていられるものですか! 私は男が、特に美形が大嫌いだっていうのに!」  今宵の鳳琳は気が立っていた。それというのも、まもなく彼女は隣国から婿入りすることになった公子と初夜を迎えなければならないからだ。しかも噂によると、相手はとんでもない異名を持つ好き者