后退 返回首页
作者:一文字鈴
类型:乙女向 BL 书籍样本 日文
出版:2016-10-20(Cosmic出版)
价格:¥518 原版
文库:塞西尔文库

代购:lumagic.taobao.com
ヴァンパイア·ベイビーズ この作品は縦書きでレイアウトされています。 。 イラストレーション/ケイト ヴァンパイア・ベイビーズ◆目 次 ヴァンパイア・ベイビーズ あとがき この作品はフィクションです。 実在の人物・団体・事件などに 一切関係ありません。  空全体が漆黒に塗りつぶされた静かな夜だった。  三十二階建てのホテルの屋上は、月に手が届きそうなほど高い。  雲の隙間から差し込む月明かりが、獣が睨み合うようにして屋上に立つ、二人の長身の男を静かに照らしている。  このホテルの若きCEOシーイーオーで、英国貴族のような雰囲気の金髪緑眼の美青年アルベルト・ウィンザーが、向かい合った黒髪紅眼の男、ライアン・キルビスを睨みつけていた。 「ライアン、なぜお前が日本にいる?」  月光に煌めく金髪を夜風に躍らせながらアルベルトが尋ねると、苛立ちに顔を歪ませたライアンが声を上げて笑い出した。 「くくくっ……わかりきったことを訊くんじゃねぇよ、バーカ! お前を追って来たに決まってるだろうが!」  野太いライアンの声が静寂の中に響いて、アルベルトは深緑色の双眸を細める。 「相変わらず、知性のか