后退 返回首页
作者:歌月碧威,Hnk
类型:乙女向 书籍样本 日文
出版:2016-12-21(Enterbrain)
价格:¥620 原版
文库:Bs-Log文库

代购:lumagic.taobao.com
妹が可愛いのでコンプレックス持ちになった少女が、御曹司に溺愛されました。 妹が可愛いのでコンプレックス持ちになった少女が、御曹司に溺愛されました。 歌月碧威 電子版 ビーズログ文庫アリス 本作品の全部または一部を無断で複製、転載、配信、送信したり、ホームページ上に転載したりすることを禁止します。また、 本作品の内容は、底本発行時の取材・執筆内容に基づきます。 この作品はフィクションです。実在の人物、団体名等とはいっさい関係ありません。  目次 第一章 始まりは一冊の絵本から 第二章 気づいた感情 第三章 少しずつ変化していく日常と私 第四章 水族館デートっ!? 第五章 髪の伸びる呪いの日本人形って? 第六章 左手薬指に誓う未来 第七章 大好きな人達とこれからも……     あとがき     ごおうたんの相性診断     プロフィール  どこか遠くから誰かの話し声が聞こえてくる……。  ふわふわとした浮遊感を体に感じつつ、閉ざされていた瞼をゆっくりと開ければ、目の前に小さな女の子達が座っていた。  いたって普通の子とまるで子役のように愛らしい子。  二人共、歳の頃は三歳から五歳ぐらいだろうか。それぞれ壁に凭れかかり絵本を読んでいる。  その子達がいるのは、玩具が入ったピンクのケースや絵本が収納された本棚などが設置されている室内だ。  そこは、私が物心ついた頃に使用していた部屋と似ていた。いや、違う。似ているんじゃない。同じなんだ。だってあの子達は──。 「……小さい頃の私と琴音」  唇から零れてしまったそんな私の呟き。  それを彼女達は拾うことをしない。それどころか、手を伸ばせば触れられるぐらいの距離にいる私の存在にも気づかないようだ。そこでふと気づいた。  あぁ、そうか。これは夢なのだと。  でも、夢の中だというのにやけに意識がはっきりとしている。これがいわゆる明晰夢というものなのかもしれない。  第三者視点でもこんなにも私と妹には差があった。見た目も中身も凡庸な私と、可愛くて周りに愛される妹の琴音。同じ姉妹なのにどうしてこんなに違うのだろうか。 「このえほんはだめ! わたしのなのっ!」  突然、響き渡ってきたのは泣き叫ぶような声。  それに引っ張られるようにネガティブな思考の海から戻され、弾かれたようにそちらへ顔を向けた。すると、視界に飛び込んできたのは、小さな私が読んでいた