后退 返回首页
作者:和泉桂
类型:乙女向 BL 书籍样本 日文
出版:2017-01-19(幻冬舍)
价格:¥680 原版
文库:幻冬舍金红石文库

代购:lumagic.taobao.com
花舞う夜に奪う愛 幻冬舎ルチル文庫 花舞う夜に奪う愛 和泉 桂  ◆目次   花舞う夜に奪う愛   あとがき 花舞う夜に奪う愛  夜の闇を裂くように、ぴりぴりという呼び子の音が夜更けの赤坂界隈に響き渡る。  大学時代の友人たちとの飲み会の帰り道、外套の襟を立ててほろ酔い気分で歩いていた花宮雪人は、閑静な住宅地を掻き乱すようなその無粋な音に顔をしかめた。  と。  頭上から突然、黒い大きな塊が落ちてきた。 「!?」  人、だ。  雪人の一メートルほど先に落ちてきたのは、動物でも鳥でもなく異様な風体の男だった。  同時に小石か何かが飛んできたのに気づき、雪人は咄嗟にそれを右手で受け止める。  ぱっと見ると近くに楡の木があるから、あそこから飛び降りてきたようだ。  膝を突いて衝撃を逃した彼は、すぐさま顔を上げた。 「君は…」  一瞬、虚を衝かれたような驚いたような表情になったものの、彼は唇を綻ばせる。  正確にいえば、口許でしか相手の表情は窺い知れなかった。なぜなら、素早く立ち上がった男性は、奇妙な仮面で目のあたりを隠していたからだ。 「これは失礼、美しいお嬢さん。驚か