后退 返回首页
作者:惣領莉沙
类型:乙女向 TL 书籍样本 日文
出版:2016-12-08()
价格:¥0 原版
文库:马卡龙文库

代购:lumagic.taobao.com
吐息が愛を教えてくれました 吐息が愛を教えてくれました 惣領莉沙 目次 逃げ出した週末 側にいる理由 幸せは自分で決める 愛で満ちる宝箱 【番外編】 ひとつしかない愛 逃げ出した週末  一日中雨が降り続いたせいか、辺りの空気は澄み渡り、呼吸するたび気持ちは落ち着いていく。  ふと足を止め夜空を見上げれば、雲が去ったほの暗い闇から月の光が幾重にも地上に降り、星がキレイに瞬いていた。  はっきりとわかるその明るさを見ていると、地上の暗闇に立つ自分がちっぽけなものに思え、そして、独りぼっちで取り残された迷子のように感じる。  手を伸ばしても月や星の光には届かない。  その光の力を借りて甘えと弱さばかりの自分を変えたいと願いながらも、それができずに長い間を過ごしてきた。  千早から離れても、強く生きていられる力がほしいのに、今の私はその力も勇気もない意気地なしなのだ。  私は夜空に向かってひとつため息を吐くと、足もとの水たまりをよけながら、再び歩き出した。 「結局、こうして帰ってしまうのよね」  肩にかけているカバンをよいしょ、と抱え直して、自分に気合いを入れる。  そして、まっすぐに