后退 返回首页
作者:伊勢原ささら
类型:乙女向 BL 书籍样本 日文
出版:2016-12-15(幻冬舍)
价格:¥648 原版
文库:幻冬舍金红石文库

代购:lumagic.taobao.com
郵便配達人は愛を届ける 幻冬舎ルチル文庫 郵便配達人は愛を届ける 伊勢原ささら  ◆目次   郵便配達人は愛を届ける   郵便配達人は神様の贈り物   はじめての気持ち【電子限定おまけ】   あとがき 郵便配達人は愛を届ける  頬を撫でる風が、爽やかな夏の息吹きを運んでくる。  昨日までうっとうしく降り続いていた雨も止み、梅雨の厚い雲が切れた青空を、光本洋介は眩しげに見上げた。  今年もまた、夏がやってくる。  今はまだやわらかな日差しの中に、続く季節の微かな熱気を感じながら、洋介は自転車のペダルを踏み込む。  ハンドルから左手を離し、手首を返して時計を見た。三時五分前。今日も時間どおりだ。  なだらかな上り坂の先にたたずむスラリとしたシルエットを認めた瞬間、体にまといつく不快な熱が一気に吹き払われた気がした。  ペダルにかけた足に力が入り、相当年季の入った愛車は主人の求めに応じて、軋みながらも見る見るスピードを上げる。  気温だけなら、もう夏本番といってもいいくらいだ。それなのに、その人の上衣が袖口のカフスまでしっかり留められた長袖なのは、透き通るような白い肌を容赦のない日差