后退 返回首页
作者:朝香りく,八千代ハル
类型:乙女向 TL 书籍样本 日文
出版:2017-01-27(East Press)
价格:¥680 原版
文库:索尼娅文库(Sonya)

代购:lumagic.taobao.com
うちの殺し屋さんが可愛すぎる (Splush文庫) 朝香りく (Asaka Riku) 低血圧すぎて血圧を上げる薬を飲むことに。でも寝起きは普通で朝が弱いこともなく、気だるげで色っぽいわけでもないのでした。 八千代ハル (Yachiyo Haru) 萌えました~。 二人のやりとりがめちゃめちゃカワイイ。シュールかもしれんが兎に角カワイイ! ありがとうございました。 うちの殺し屋さんが可愛すぎる 朝香りく うちの殺し屋さんが可愛すぎる うちの殺し屋さんとスイートホーム あとがき 「よかった、見つけた。探したんですよ瓜生さん。お久しぶりです」  オレンジ色の間接照明。ジャズとタバコの煙が、絡み合うようにして流れる店内。  東京のはずれ、小さな酒場が軒を連ねる、通称『地獄谷』と呼ばれる一角。  カウンターバーの一番奥の席で、八杯目のバーボンで酩酊しかけていた瓜生聡一郎は、ふいにかけられた声に据わった目をそちらに向けた。 「……誰だ、貴様」 「ひどいな、赤尾っすよ。現役時代は随分、小遣いを稼がせてもらったじゃないですか」  言いながら隣に座った痩せぎすの男の顔をまじまじと見て、ようやく聡一郎は思い至った。  聡