后退 返回首页
作者:柊あまる
类型:乙女向 TL 书籍样本 日文
出版:2017-02-09()
价格:¥432 原版
文库:马卡龙文库

代购:lumagic.taobao.com
エリート室長の甘い素顔 エリート室長の甘い素顔 柊あまる 目次 [01] 新年早々、悲喜こもごも [02] キツネとお見合い [03] 万年上司のつぶやき [04] 急激な変化 [05] キツネにつままれる [06] あっという間に [07] まさかのお願い [08] 最後の砦 [番外編] 仕返し [01] 新年早々、悲喜こもごも  ――ピピピピ……ピピピピ……。  小さく鳴りだした高い電子音が、浅い眠りの中を漂っていた悠里の意識を急速に浮上させる。  段階的に大きくなるよう設定された目覚ましの音が、もう一段高く大きくなる前に手を伸ばし、平らなボタンをタンッと叩いた。  毛布に包まれた足もとは暖かく、肩先は少し冷えている。  布団から出るのが億劫な、まだ肌寒い一月。年末年始の連休が明けて、今日から出勤だ。  旅行や特別な用事のなかった悠里は、例年通りカレンダーに沿って休みを取った。これでまた前年分の有給休暇は、フルで繰り越しである。  我ながらつまらない人間だなぁと悠里は思う。いい年をした女が、長期の休みにやりたいことがなにもない、なんて。  横向きに丸まって寝るクセの