后退 返回首页
作者:藍杜雫,北沢きょう
类型:乙女向 TL 书籍样本 日文
出版:2016-12-15(Printemps出版)
价格:¥637 原版
文库:头饰文库(tiara)

代购:lumagic.taobao.com
過保護な軍人皇帝の逃げた花嫁 【ティアラ文庫】 過保護な軍人皇帝の逃げた花嫁【イラスト付】 藍杜 雫 イラスト/北沢きょう 目次 序章 身分違いの恋に身を堕とされて 第一章 運命の出会いなんて信じない 第二章 傲慢皇帝の強引なプロポーズ 第三章 絶海の孤島の初夜 第四章 嗜虐の皇帝に溺れるほどに愛されて 第五章 逃げた花嫁は皇帝の腕に囚われる 第六章 白い花嫁の価値は余が決める 第七章 いじわるな溺愛は執拗に花嫁を責め立て 終章 皇帝陛下の溺愛花嫁 あとがき 序章 身分違いの恋に身を堕とされて  大神殿の最奥、誰も足を踏み入れない場所で、ラキスはひたすら喘がされていた。  黒髪に褐色の肌を持つ皇帝は、戦士の逞しい腕で、ラキスの白い裸体を蹂躙する。 「余はおまえの姿が見えないと、不安でならぬ……またそそかしいおまえがうっかりと転んで、ほかの男の腕に飛びこんでやしないかと思うと……気が気ではなかった」  低く、謳うように囁かれる声に、耳から侵されていくようだ。その声の色気に当てられ、頭の芯がじんと痺れると、ラキスの理性はすべて吹き飛びそうになる。  ──そんなことは……許されない