后退 返回首页
作者:雪村亜輝,水綺鏡夜
类型:乙女向 TL 书籍样本 日文
出版:2016-10-25(Oakla出版)
价格:¥630 原版
文库:everPrincess

代购:lumagic.taobao.com
孤独な令嬢は愛を知る 目次 孤独な令嬢は愛を知る あとがき 序章  庭園の片隅に、小さな花が咲いていた。  花壇から運ばれた種が、根づいたのだろう。美しく咲き乱れる花の群れから遠く離れ、日陰でひっそりと咲くその花は、おそらく枯れるまで誰にも愛でられることはないだろう。  まるで自分のようだ、とミレーヌはその花を見つめて寂しそうな顔で笑う。  自分はたとえ咲いたとしても、誰にも愛でられることなく散っていく花なのかもしれないと。  背後からは楽しそうな声が響いている。  その賑やかさに背を向けて、ミレーヌはゆっくりと歩き出した。  ランスティ王国は、この大陸で一番の小国だ。  領土は狭く、国民も少ない。  そんな国はすぐに他国に侵略されて消えてしまいそうなものだが、他にはない強みがあり、そのお陰でこんな小さな国でも平穏な暮らしが続いていた。  ひとつは、この国でしか採れない貴重な宝石の存在。驚くほどの高値で取引されている宝石のお陰で財政は潤っていて、国民は豊かな暮らしをしている。  もうひとつは他国との濃密な関係だ。  この国の王族は何代にもわたって大陸中の国と婚姻によって結びつい