后退 返回首页
作者:華藤えれな,北沢きょう
类型:乙女向 BL 书籍样本 日文
出版:2017-02-07(ASCII Media Works)
价格:¥640 原版
文库:B-PRINCE文库

代购:lumagic.taobao.com
獣王の貢ぎ嫁 獣王の貢ぎ嫁 【立読み版】 華藤えれな Illustration 北沢きょう 本作品の全部または一部を無断で複製、転載、配信、送信したり、ホームページ上に転載したりすることを禁止します。また、 本作品の内容は、底本発行時の取材・執筆内容に基づきます。  CONTENTS 獣王の貢ぎ嫁  獣王の貢ぎ嫁     1 妖精の島の獣王 「──その昔、この湖の向こうに妖精たちが暮らす楽園のような島があったんだよ」  妖精たちの住む、美しい島の物語。幼いときに、寝る前に父が話してくれた妖精の島のお伽話を、紫生は今も忘れることができない。  あまりにも身近だったからだ。  それは、紫生の部屋の窓の下に広がる、大きな湖にまつわる伝説だった。  妖精の国と呼ばれるアイルランドの湖水地方にある小さな村で、紫生はアイルランド人の父親と日本人の母親の間から生まれた。  父がその話をしてくれたのは、しとしとと細い雨の降る秋の夜だった。 「ねえねえ、パパ、その島に行ったら、ぼくも妖精さんに会えるの? この村からどのくらいかかるの? ボートで行けるの?」  好奇心に満ちた眼差しで問