后退 返回首页
作者:月東湊,高星麻子
类型:乙女向 BL 书籍样本 日文
出版:2016-10-19(幻冬舍)
价格:¥713 原版
文库:幻冬舍金红石文库

代购:lumagic.taobao.com
純情ウサギが恋したら 幻冬舎ルチル文庫 純情ウサギが恋したら 月東 湊  ◆目次   純情ウサギが恋したら   聖域【電子限定おまけ】   あとがき 純情ウサギが恋したら  真夏の太陽がさんさんと降り注いでいる。  太陽に焼かれたアスファルトは熱を噴き上げ、まるで火に掛かったフライパンのようだ。  熱い。ものすごく熱い。 『……もう……だめ』  穂澄は歩道に這い上がることすらできずに、縁石の脇にへたりと崩れ落ちた。  熱にやられたうえに、空腹が過ぎてぐるぐると目が回る。せめて日陰に逃げたいのに、体に力が入らなかった。  ぐったりと横たわる穂澄の横を、幾つもの靴や自転車のタイヤが通り過ぎていくけれど、誰一人穂澄を助けようとする者はいない。  それは当然だった。穂澄は人間の目には見えない生き物だからだ。  ──そうか。僕は、ここで消えるんだ……。  頭の中に、姉たちの姿が浮かぶ。彼女たちは、出来損ないの穂澄をものすごく可愛がってくれた。きっととても悲しむだろう。でも、もうそろそろ本当に限界だ。  ──ごめんね、姉さま。でも、姉さまたちのおかげで僕はすごく幸せだったよ。今まで守