后退 返回首页
作者:一ノ瀬千景
类型:乙女向 TL 书籍样本 日文
出版:2016-11-10()
价格:¥432 原版
文库:马卡龙文库

代购:lumagic.taobao.com
黄金の覇王と奪われし花嫁 黄金の覇王と奪われし花嫁 一ノ瀬千景 目次 序章 第一章 第二章 第三章 第四章 終章 番外編 苦手なタイプ たとえ嘘でも 小さな恋敵 序章  サレフの地。地平線のはるか彼方まで広がる大草原には、強い風が吹き荒ぶ。風の女神が守護するこの地には、風の民と呼ばれた遊牧民たちが暮らしていた。彼らは大小様々な国に分かれ、長きにわたり争いを続けてきた。  しかし、ある男の登場によって風の民は統一され、サレフの地には強大な帝国が誕生した。黄金の狼と呼ばれたその男の傍らには、風の女神に寵愛されたひとりの娘がいたという。これは、帝国の始まりの物語。  目の前に広がる光景が、ユアンにはどうしても信じられなかった。移動式の住居であるオルタは跡形もなく壊され、馬と人が重なり合うように倒れている。土埃と血のまざった生臭いにおいが充満しているが、もう鼻が麻痺してしまってなにも感じない。  歴史ある誇り高きシーン国が、このサレフの地で最強とうたわれたユアンの父ガイールが、辺境の蛮国などに敗れるとは……。  ユアンは胸から血を流して倒れている若い男の手から短剣を抜き取った。 「